高松宮記念

本日の推奨馬は 17号馬 サンカルロ です。

先週は指定4ゲートは読みきっていたのですがロジメジャーでアルフレードの対角が馬券対象の3着という結果で残念でした。

今回は指定ゲートは封印して正攻法の予想でこの馬からとします。

正攻法といっても一般的にはマニアックですが、 まず出走構成で目につくのはやはりワンカラットの回避引退でしょうか。 これによってステップ競争の勝馬がマジンプロスパー1頭となりました。 唯一の連対馬か囮となるかです。 連対馬の決着構成は1対2 か2対2ですから2頭の競争が望ましいはず゛ですので複勝軸にはしにくいのです。 2頭の同タイプの選択から1頭を指名するのが基本ですから考えられる構成は、ステップ競争の2着馬も何故か1頭未出走でグランプリエンジェル1頭のみです。

ここからステップ競争の賞金加算暦を基本とすると2頭になり軸候補です。

さらに3着馬を除外しなかった事からステップ競争の賞金未加算馬のシンボル馬が2頭ベイリングボーイとサンカルロです。 2頭故の構成上軸候補となります。

先行G1レースからの伝達としてフェブラリーフェの勝馬テイタマッタは根岸ステークスの3着馬であり、2着は根岸ステークスの勝馬シルクフォーチュンでした。

この決着構成を伝承するなら ステップ競争で賞金未加算のシンボル馬対ステップ競争の賞金加算馬のシンボル馬となる構成が仮説として成り立ちます。

2頭構成の賞金未加算のシンボル馬からベイリングボーイは重賞未勝利より阪神カップ勝暦のあるサンカルロを優越性で選択しマジンプロスパーへの枠連馬券が本線です。

あくまで単勝と複勝が主役ですので外れても自己責任は馬券参加される方の共通認識ですね。

人気のロードカナロアはやり過ぎのように思いますね 安田厩舎の多頭数出しはどれも自信ない証のように思えてならないのです。

サイン読みからはキャプションの中京グランドオープンのフィナーレを飾る云々を検証するとサンカルロは馬名は劇場。キャプションとヒッタリマッチしているように感じませんか

サイン読みは人それぞれの感性になりますがそれをも計算しつくしての広告は主催者の常套手段ですから競馬はむずかしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スプリングステークス

本日の推奨馬は 11号馬 アルフレード です。

中山牝馬では指定ゲートが機能しませんでしたが

今回はどうでしょうか

朝日杯からの指定ゲートは4ゲートですから

逆4ゲートのこの馬から勝負です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きさらぎ賞

本日の推奨馬

7号馬 ローレルブレッド

久しぶりの更新になりますが、またはじめます。

今回の推奨理由は書きませんが、設定がまちがいなければ

ある馬券には絡むはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

優駿牝馬

推奨馬は 3号馬 アプリコットフィズ です。

久しぶりの更新ですので、誰も見てないかもしれませんが、書き留めておきます。

別定戦芝1600を連続賞金加算した馬が2頭コスモネモシンとアプリコットフィズ。

この2頭とも優先出走権をとれませんでした。

方や賞金加算の優先馬アグネスワルツと同枠

こちらは賞金加算のない優先馬ショウリュームーンと組みました。

さて、結果はどうなりますか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

函館2歳ステークス

本日の推奨馬は 5号馬 カネスフォルテ です。

今年最初の世代限定戦重賞ですね。 

芝適性は未知数ですので人気は全然ありませんが、札幌でやる函館2歳なのでダート勝ちでもいいかなぁと あと12日目勝ちも今年限りの節で突き抜けてほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (12)

ラジオNIKKEI賞

本日の推奨馬は 9号馬 ミッキーペトラ です。

福島なら前に行けた場合の弥生賞2着馬の力が違う。

相手はストロングリターンとストロングガルーダです。

本日は函館の推奨馬もおまけ

6号馬 グランプリエンゼル です。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

宝塚記念

本日の推奨馬は 8号馬 サクラメガワンダー です。

新年度の競馬がはじまりましたが、今回はダービーと同じ状況になりました。

ならば指定されているこの馬からです。

人気のディープスカイはゾロ目以外勝つことはないでしょう。

前年のエイシンディピュティと同じ人気の馬からです。

相手はディープスカイとカンパニーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安田記念

本日の推奨馬は 1号馬 スズカコーズウェイ です。

| | コメント (25) | トラックバック (1)

東京優駿回顧

やはり、危惧していた部分で引っかかりましたね。 ダービージョッキーは厳格としたルールが存在すると言うことです。 枠連的中ですが、このプログの主旨である複勝馬券をはずしてやけ酒でした。 そこで少し反省点をのべます。

私は各馬の戦歴も重視しますが、矛盾してますが、いわゆるサインも重視します。 今回アイネスフウジンのヒーロー列伝において単純なサインはタービー馬になったゼッケン12番が今回のリーチザクラウンの12番へ、これは簡単でいつも使えるとは限りません。 もう一つ、これは上級サインですが、ヒントは馬主です。私も反省会で気づいたくらいでまたまだ甘いですが馬主にきづかれた方はロジユニヴァースにたどり着けるはず。 そして究極はオッズです。 これはこれからも使いますからここでは伏せます。

戦歴においては8枠、特にアイアンルックとアイラインバルドを切った理由はこの枠がオークスのブエナビスタの勝ち枠と作り方が違っていた事です。 私はオークスでワイドサファイアを狙いましたが結果..いわずもがな.

ブエナビスタの同枠ディアジーナがすべてです。 アイライバルドがディアジーナと組めなかった、いや組ましてもらえなかったからこそ今回は歩いたんでしょう。

新馬戦が始まる新しい年度がはじまります。 もう少し詰めを鋭くして的中したいものですね。 

| | コメント (0) | トラックバック (5)

東京優駿

本日の推奨馬は 11号馬 セイウンワンダー です。

最近は、いつも根拠を述べていませんが本日はダービーということで少し

問題がひとつ、それは乗り替わりです。 今回福永は初乗りでダービージョッキーなんですね。もしそれがダメなら同枠リーチザクラウンなんでしょうか

指標馬はナカヤマパラダイスと考えています。同じ馬はロジユニヴァース、フィフスペトル、逆がセイウンワンダーです。 指標馬が連対候補なら勝ち馬はロジユニヴァースでしょう。

私は逆と判断しました。 最新号の雑誌優駿の岩田騎手の特集はセイウンワンターは主戦騎手は岩田。ヒーロー列伝は中野、すなわちアイネスフウジンは朝日杯覇者であり、二度の敗戦をステップにダービー馬にとあります、まさにセイウンワンダー。 また今回の競馬中継レビューはミホノブルボン、この馬も朝日杯覇者てすね。 新潟競馬で今回タービーを楽しむ告知広告。 新潟開催はおわっているのになんか変。 新潟覇者センウンワンダーがダービー馬になる予告かも

ということで 相手はアーリーロブストとトライアンフマーチ、アントニオバローズ、ロジユニウァースです。

今回はリーチザクラウンの可能性もあり枠連で押さえます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ギャンブル | グルメ・クッキング